建学の精神/校訓/教育目的・目標

建学の精神

社会人としては豊かな知識と技術とをもって、経済的に独立し、家庭人としては、美しい情操と強い奉仕心とをもって、一家幸福の源泉となる健全な精神と身体とをそなえた女性の育成を目的としています。

校訓「親切正直」

教育の基盤を道徳教育におき、「親切正直」の錬成を目標としています。「親切正直」は全人類を貫く倫理であり、本学園の信条でもあります。
それはやがて、秩序を重んじ、礼儀正しく、仕事に積極的に携わり、進んで社会に貢献する心へと発展し、この国を美しくすることに繋がっていくと考えています。

教育目的・目標

家政科

教育目的

本短期大学家政科は建学の精神に基づいて、「職業又は実際生活に必要な能力を具備する女性」を育成することを教育の目的としています。

教育目標

  1. 変動しつつある社会に対応できる力と豊かな教養を身につける。
  2. 社会について理解するとともに、社会における行動のための基礎的な知識及び能力を身につける。

生活デザイン専攻

教育目的

生活デザイン専攻は、「豊かで持続可能な生活を自らデザインし、提案、実践することのできる有能な社会人かつ健全な家庭人を育成する。」ことを目的としています。

教育目標

  1. 生活に関する専門的知識・技能を仕事や家庭での実践に活かすことができる女性の育成
  2. 豊かで持続可能な生活をデザインし、提案できる女性の育成
  3. 豊かなコミュニケーション力を活かし、生活経営や社会活動に主体的に参画できる女性の育成

食物栄養専攻

教育目的

食物栄養専攻は、「人々の健康の維持増進に寄与する食の専門知識と実践力を備えた有能な社会人、かつ、健全な家庭人を育成する」ことを教育の目的としています。

教育目標

  1. 食材を理解し、調理技術に長けた栄養士の育成
  2. ニーズに合った献立を提案できる栄養士の育成
  3. 他者に対する配慮と豊かなコミュニケーションを身につけた栄養士の育成

入学者受け入れ方針(アドミッションポリシー)

家政学は、生活の質の向上と人類の福祉に貢献する実践的総合科学と言われています。本短期大学家政科では、建学の精神に基づいて、社会的活動や家庭生活において主体的に貢献していくために必要な知識・技術・教養と実践力を身につけるための教育を行っています。教育においては、本学の校訓である「親切・正直」の精神を以てあたるとともに、学生もまたこの精神を十全に体得していくことを旨としています。
本学は、多様な人材に門戸を開くために、一般入試、推薦入試、AO入試、社会人入試、学園内入試と多様な形態の入試を実施しています。いずれの入試においても、下記の基礎的学力、人間的側面についてそれぞれの方法で確認しています。

家政科

各入試において、以下の基礎的学力、人間的側面について確認された人を受け入れています。

  1. 物事に責任感・誠実さをもって立ち向かう情熱をもち、社会的活動や家庭生活において必要な知識・技術を身につけて、貢献したいと考えている人
  2. 健全な心身、豊かな感性と向上心を持って目標に向かって真摯に努力できる人
  3. 人との関わりを大切にしながら、相互理解や、集団として・個人としての目標達成のためにコミュニケーションをとる意志のある人
  4. 高等学校までの学習で培った基礎的学力を身につけている人

生活デザイン専攻

  1. 生活に深い関心を持ち、生活についての主体的な学習の探求に努力できる人
  2. 心豊かな生活を実現するための基礎的学力とコミュニケーション力のある人

食物栄養専攻

  1. 栄養士免許の取得を目標に学習する意欲のある人
  2. 食と栄養及び健康に強い関心をもち、社会に貢献したい人
  3. 明るく、協調性とコミュニケーション能力のある人

教育課程編成方針(カリキュラム・ポリシー)

家政科

建学の精神に則り、高い教養・情操と専門的な知識や実践的な技術をバランスよく身につけ、社会的活動及び家庭において貢献できる人材の育成を目的としてカリキュラムを編成しています。

家政科共通の科目として、共通科目、家政科コア科目、支援科目(共通)を設置しています。共通科目は、変動しつつある社会に対応できる力と豊かな教養、社会人として必要とされる力を身につけるための科目です。家政科コア科目は、家庭を中心とした生活を総体的、科学的に学ぶ科目です。支援科目(共通)は、短期大学の課程を履修するのに必要な基礎知識を補完し、かつ、社会人基礎力の礎となる科目である。

 

生活デザイン専攻

生活デザイン専攻の専門科目は、「基礎科目」「コミュニケーションデザイン」「プロダクトデザイン」から構成されます。各科目群は主に以下の学力を身に付けることを目的として編成されています。

  1. 「基礎科目」は、仕事や家庭での実践に活かすための基礎となる知識・技能を修得するための科目群です。【知識・技能】
  2. 「プロダクトデザイン」は、豊かで持続可能な生活をデザインし提案するために必要な能力を育むための科目群です。【思考力、判断力、表現力】
  3. 「コミュニケーションデザイン」は、生活経営や社会活動に体的に参画できる能力と豊かなコミュニケーション能力を育むための科目群です。【主体性・多様性・協働性】

食物栄養専攻

栄養士の資格規定科目は、厚生労働省制定の規則に準拠して開設し、食物栄養専攻の教育目的を達成するために系統的なカリキュラムを編成しています。食・栄養の専門家として食文化の知識、食品開発及び食企画等の能力を有する人材になるため、食に関する視野を広げることができるフードスペシャリスト・フードコーディネーターの資格取得も可能です。

  1. 一部に履修制限の科目を設け、講義、実験・実習を系統的に組み合わせ、プレゼンテーション等のアクティブ・ラーニングを積極的に取り入れています。
  2. 外部の標準化されたテストによる評価を取り入れています。

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

家政科

所定の単位を修得することによって、以下の能力を身につけた学生に対して学位を授与します。

  1. 仕事や家庭生活に必要な専門的な知識・技術をもち、豊かな生活にそれを実践できる能力【知識・技能】
  2. 高い教養、情操及び倫理観(責任感)をもって物事を的確に理解、判断、表現することにより問題解決を図ることができる能力【思考力、判断力、表現力】
  3. 社会的活動や家庭生活に参画するために、多様な他者に配慮しつつ協働する能力、自分の意見を主体的に主張できる能力【主体性、多様性、協働性】

生活デザイン専攻

  1. 生活に関する専門的知識・技能を仕事や家庭での実践に活かす能力 【知識・技能】
  2. 豊かで持続可能な生活をデザインし、提案できる能力【思考力、判断力、表現力】
  3. 生活経営や社会活動に主体的に参画できる能力と豊かなコミュニケーション能力【主体性、多様性、協働性】

食物栄養専攻

  1. 食と栄養について高度な知識及び技術を有し、社会・家庭で活かせる能力【知識・技能】
  2. 食と栄養及び健康に関する課題を発見し、解決・発信できる能力【思考力・判断力・表現力】
  3. 多様性の受容と適切なコミュニケーションをもって積極的に社会貢献できる能力【主体性・多様性・協働】

学修の評価及び卒業の認定

学修の評価

  • 学業成績は、定期試験、成果物(作品やレポート等)、臨時試験、受講態度、臨時試験(小テスト)などを総合して判定します。そして、各科目とも100点を満点とし、評価区分は下表のとおりS、A、B、C、Dをもって表します。
  • S、A、B、Cであるときは合格とし、Dを不合格とします。
  • 合格者には当該授業科目について所定の単位を与えます。
評価 評点 判定
S 90点~100点 合格
A 80点~89点
B 70点~79点
C 60点~69点
D 59点以下 不合格

卒業の認定

本学の修業年限は2年です(長期履修学生制度が適用される場合は、この限りではありません。)。

学生は、2年以上在学し、教育課程表に示す本学の授業科目について、次に記すところに従って所定の単位を修得した者に対して卒業を認定し、「短期大学士(家政)」の学位及び卒業証書を授与します。

平成31年度/令和元年度入学生
  • 生活デザイン専攻: 共通科目12単位以上、家政科コア科目18単位以上、専攻科目32単位以上で合計62単位以上取得しなければなりません。
  • 食物栄養専攻: 共通科目12単位以上、家政科コア科目10単位以上、専攻科目40単位以上で合計62単位以上取得しなければなりません。
令和2年度入学生
  • 生活デザイン専攻: 共通科目12単位以上、家政科コア科目16単位以上、専攻科目34単位以上で合計62単位以上取得しなければなりません。
  • 食物栄養専攻: 共通科目12単位以上、家政科コア科目10単位以上、専攻科目40単位以上で合計62単位以上取得しなければなりません。

カリキュラム

Return to Top ▲Return to Top ▲