学費/奨学金

学費

令和3年度 納付金(単位:円)

食物栄養専攻
納付時期
項目
初年度
前期分
初年度
後期分
2年次
前期分
2年次
後期分
入学金 ※200,000
授業料 340,000 340,000 340,000 340,000
実験実習費 90,000 90,000 90,000 90,000
施設設備費 180,000 180,000 180,000 180,000
母師会費 3,000 3,000
学友会費 3,000 3,000
合計 816,000 610,000 616,000 610,000
生活デザイン専攻
納付時期
項目
初年度
前期分
初年度
後期分
2年次
前期分
2年次
後期分
入学金 ※200,000
授業料 340,000 340,000 340,000 340,000
実験実習費 50,000 50,000 50,000 50,000
施設設備費 180,000 180,000 180,000 180,000
母師会費 3,000 3,000
学友会費 3,000 3,000
合計 776,000 570,000 576,000 570,000
  • 上記のほか入学後、教材費、生活安全費(2年間4,300円)、卒業準備金(卒業年次50,000円)、栄養士課程費(卒業年次10,000円)、その他諸雑費が必要となります。
  • 制服、教科書(必修)・実験・実習用品、体操服等の費用として、食物栄養専攻で約120,000円位、生活デザイン専攻で約70,000円位が必要となります。

納付時期について

前期分は、入学試験合格通知受け取り後、指定の期日までとなります。後期分は後学期開始前の8月下旬ごろとなります。

お問い合わせ先

入試係 TEL:03-5668-7260

学業成績・人物優秀な学生を表彰する学内奨学金制度(給付)

学業・人物優秀な意欲のある学生を奨励し表彰する制度が創設されました。

【名称】
三浦亮一奨学基金

【対象】
入学金:①推薦入学者で調査書成績が評価5段階で3.0以上の者 ②社会人
授業料:成績優秀者

【給付額】
入学金・授業料の一部給付

※詳細は、本学にお問い合わせください。

奨学金

本学では、独立行政法人日本学生支援機構による奨学金制度を学生の皆さんにご紹介しています。
機構の奨学金は、経済的理由で修学が困難な優れた学生に学資の貸与を行い、 また、経済・社会情勢を等を踏まえ、                                        学生等が安心して学べるよう「貸与」または「給付」する制度です。

給付型奨学金

給付奨学生として採用されてから正規の卒業時期まで、世帯の所得金額に基づく区分(第Ⅰ区分~第Ⅲ区分:詳細下記参照)に応じて、学校設置者(国公立・私立)及び通学形態(自宅通学・自宅外通学)等により定まる下表の月額が、原則として毎月支給されます。

区分 自宅通学 自宅外通学

 

大学

短期大学

専修学校(専門課程)

第Ⅰ区分

38,300円
(42,500円)
 75,800円

第Ⅱ区分

25,600円
(28,400円)
 50,600円
第Ⅲ区分 12,800円
(14,200円)
 25,300円
  • 1.生活保護世帯(受けている扶助の種類を問いません。)で自宅から通学する人及び児童養護施設等(※)から通学する人等は、上表のカッコ内の金額となります。
  • 2.自宅通学とは、学生が生計維持者(父母等)と同居している(またはこれに準ずる)状態のことをいいます。進学届提出時に「自宅外通学」の月額を選択する場合、自宅外通学であることの証明書類の提出が必要です。

【支援区分について】

第Ⅰ区分:あなたと生計維持者の市区村民税所得割が非課税相当であること(※2)

     具体的にはあなたと生計維持者も支給額算定基準額(※1)の合計が100円未満であること

第Ⅱ区分:あなたと生計維持者の支給算定基準額(※1)の合計が100円以上25,600円未満であること

第Ⅲ区分:あなたと生計維持者の支給算定基準額(※1)の合計が25,600円以上51,300円未満であること

(※1)支給算定基準額★1=課税標準額×6%-(調整控除額+調整額)★2(100円未満切り捨て)

(※2)ふるさと納税、住宅ローン控除等の税額控除の適用を受けている場合、各区分に該当しない場合があります。

★1  市区村民税所得割が非課税の人は、(※2)の場合を除き、この計算式にかかわらず、支給額算定基準額が0円となります。

     家計急変採用の場合は、これに準じた額となります。

★2  政令指定都市に対して市民税を納税している場合は、(調整控除額+調整額)に3/4を乗じた額となります。

 

貸与型奨学金の種類

【第一種奨学金(無利息貸与)】
【第二種奨学金(有利子貸与)】

奨学金の貸与月額

奨学金の種類 私立
第一種(無利子) 自宅 自宅外
20,000円,30,000円,40,000円,53,000円 20,000円,30,000円,40,000円,50,000円,60,000円
第二種(有利子) 20,000円,30,000円,40,000円,50,000円,60,000円,70,000円,80,000円,90,000円,100,000円,110,000円,120,000円

申込方法

毎年4月に奨学生の募集案内を行います。奨学金の貸与を希望する方は、所定の書類を添えて事務局に申し込んでいただきます。
詳しくは日本学生支援機構のホームページをご覧ください。

【高等教育無償化】修学支援の対象校です

大学等における修学の支援に関する法律(令和元年法律第8号)による修学支援の対象校です。

文部科学省 高等教育の修学支援制度

http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/hutankeigen/1421393.htm

JASSOホームページ「奨学金の制度(給付型)」

https://www.jasso.go.jp/shogakukin/kyufu/index.html

【新型コロナウイルス感染症対策助成事業】について

 今般の新型コロナウイルス感染症の拡大による影響で、世帯収入やアルバイト収入等が大幅に減少し、学生生活への経済的な影響が表れてきています。

 令和2年度は、日本学生支援機構により緊急支援として、新型コロナウイルス感染症対策として大学等が実施する学生等への多種多様な経済的支援の取組に対し、その事業費の一部または全部を助成し、もって大学等における各種支援の更なる進展の一助となることを目的として実施しました。

 本学では、この助成金の申請をし、交付された助成金を現在在学中で希望する困窮学生に給付しました。学生は給付金を資格取得や学業に必要な費用に充て活用しました。

 

(参考)日本学生支援機構の「新型コロナウイルス感染症対策助成事業」ウェブサイト

https://www.jasso.go.jp/gakusei/josei/index.html

 

※本事業の令和2年度分は、終了致しました。

Return to Top ▲Return to Top ▲