News & Topics

2013/12/1611月27日(水)食物栄養専攻授業「調理学実験」の模様

11月27日(水)に、食物栄養専攻1年生の授業「調理学実験」において、日本介護食品協議会より藤崎亨先生を、 キューピー株式会社より大槻利夫先生、前田壽一先生をお招きして、介護食品に関する特別講義を行いました。

藤崎先生からはユニバーサルデザインフードに関する講義を行っていただきました。 ユニバーサルデザインフードとは、食べやすさに配慮した食品のことで、 軟らかさや硬さによって4つに分類されており、その人その人の状態にあった食事を選ぶことができます。 調理の手間を減らすことができ、また衛生的で、介護の負担を低減に役立ちます。

大槻先生からは、咀嚼や嚥下のメカニズムと介護食品の種類などについての講義をしていただき、その後実際に介護食品を試食させていただきました。 たくさんの種類の介護食品を見せていただき、味や軟らかさ、飲み込みやすさなどを自分の舌で味わい体験することで、介護食品についての理解をより一層深めることができました。

将来栄養士としても家庭人としても非常に役立つ知識と経験を得ることができました。 藤崎先生、大槻先生、前田先生ありがとうございました。

Return to Top ▲Return to Top ▲