News & Topics

2017/11/30~東京會舘の伝統フレンチをご家庭で~

11月21日(火)江戸川区特産「小松菜」を使った西洋料理講演会(共催:公益社団法人 日本フードスペシャリスト協会、後援:江戸川区)を地域の方々約100名をお迎えして開催いたしました。

講師は東京會舘グランドシェフ外山勇雄氏、調理・製菓部副部長、如水会館総調理長森田信夫氏です。

メニューは「小松菜ポタージュ」「フィレドポークソテーの小松菜入りソース」「帆立貝のソテー小松菜ソース」「小松菜と小海老入りトマトスパゲティー」「小松菜ロール」です。本学の講習会のために「家庭で作れるフランス料理」として新たに開発して下さいました。小松菜の緑が大変鮮やかで印象的でした。

熱心な質疑応答の後、「小松菜ポタージュ」と「フィレドポークソテーの小松菜入りソース」を参加者全員でおいしく試食いたしました。おみやげに小松菜の入ったロールパン「小松菜ロール」も配られました。

西洋料理の講習会後、本学教員の古谷先生、大西先生より、フードスシャリストの活動報告「小松菜マドーヌの商品開発Ⅱ」がありました。昨年に引き続いての開発の苦心や成果についての発表があり、参加された方もフードスペシャリストの仕事に興味をもたれた様子でした。

 

Return to Top ▲Return to Top ▲