News & Topics

2020/4/7新入生の皆様へ

 愛国学園短期大学新入生の皆様、ご入学、誠におめでとうございます。
 皆様が本学の一員となってくださることを本学教職員一同心待ちにしておりました。皆様を愛国学園短期大学の一員としてお迎えできますことを大変うれしく思っています。また、本学とのご縁を繋いでいただいたご家庭の方々と出身校の先生方に感謝とお祝いを申し上げます。
 本来であれば、本日4月7日の愛国学園4校による入学式において、直接お祝いを申し上げるところでございましたが、本学の入学式は5月8日に延期いたしました。入学式は新入生の皆さんの門出を祝す重要な行事ではありますが、学生・関係者そして社会全体の安全を考慮しての判断ですので、ご理解いただければ幸いです。なお、今後の状況により、さらに延期することも考えられます。常に本学ホームページを確認し、日々の暮らしをできる限り安全に健やかに、お過ごしいただきたいと存じます。
 入学式までの間に、皆様にぜひやっていただきたいことが二つあります。一つはご自身が入学後、勉学に励み、研鑽を積んでいくための履修科目を検討していただくこと、もう一つは各専攻からの課題に取り組んでいただくことです。必要な資料として、本学からシラバスや課題、保護者の皆様に宛てたお手紙等が入っている荷物を発送いたしましたので、開封して内容を確認して下さい。ご自分が1年生として本学で暮らしている姿を想像しながら、履修科目を考え、課題に取り組むことで、大変な状況ながら充実した日々を過ごせるのではないかと思います。
 本学では建学の精神と校訓「親切正直」に沿って構築したカリキュラムを通じて、家庭や職場で必要とされる人として、皆様を社会に送り出したいと考えています。そのために、家政科として古くから大切にされている文化と今の時代に必要とされる衣食住、家庭経営、家族関係、環境問題に関する科目を科学的に学び、人として生きていくために必要な知識・技術を学びましょう。家庭で過ごす時間が長い時こそ家政学的感覚は重要です。入学後の二年間は、学問的な知識や技能を得るだけでなく、相手を思う心や奉仕する心も磨き、さらなるコミュニケーション力やマナーを身につけられるように学んでいって欲しいと思います。社会に出てから必要となる一般教養、マナーやコミュニケーション力、情報技術や語学教育に関する科目なども積極的に履修していきましょう。また、生活デザイン専攻・食物栄養専攻ともに、必要となる知識や技能を得ることに加えて、一つ以上の資格を必ず身につけることにしましょう。自らがいろいろな科目を懸命に勉強し続けることで、知識を得ることが楽しくなっていくはずです。
 短期大学での学生生活は短く、卒業後に就職するか進学するか、将来を見据えて考える時でもあります。これからの二年間でじっくり、自分の方向性を模索してください。
 私は、「努力を惜しまないこと」、「周囲の人を大切にすること」、「最後まで諦めないこと」を信条としています。皆様にもこれら三つのことを大切にしていただきたいと思います。そして、新しいことにもチャレンジしながら、友人達と仲良く楽しく、実りある学生生活を送っていただくことを望んでいます。
 また、ご自宅に居ながら本学との絆を強めていただきたいと考え、担任の先生のメールアドレスもお知らせしました。皆様の健康状態等を把握させていただきたいので、一度担任の先生へメールで連絡を下さるようお願いいたします。また心配事があれば、いつでも担任の先生や学生相談室の先生にメールで連絡をしてください。心が乱れるような大変な時こそ、しっかりと自分自身を見つめ、計画的に過ごし、自主性・自立性を高めて欲しいのです。しかし、何よりも大切なことは皆様の「命」であり、ご自身の健康や周囲の方の健康を守ることです。
 入学式には、元気な皆様とお会いすることを、心から希望しています。教職員一同、楽しみにお待ちしています。

                                                                    学長 平尾和子

Return to Top ▲Return to Top ▲